薄毛治療 AGA治療 治療費

薄毛治療・AGA治療の治療費について

薄毛やAGAの治療で、やはり気になるのは治療費ではないでしょうか。

 

どの治療法であっても、治療期間や施術回数・使用する薬剤によってもかなりの違いがあり、いくらくらいとは一概に言えませんが、結果的に50万円以上は最低でも必要でしょう。

 

これは、HARG療法でも発毛サロンでも同じですが、早く結果を得られるのはHARG療法で、治療期間が短い分だけ治療費も抑えられるということになります。

 

しかし、これはあくまで最低限の料金です。しかも、HARG療法の場合は発毛率が99%と高いわけですが、さすがに発毛サロンではそこまで発毛率が高くありません。

 

どのクリニックやサロンでも、1回あたりの施術費などが提示されていますが、まず1回の施術で治療が終了するとは考えにくいので、総額がどの程度必要かも想像できるかと思います。

 

HARG療法で100万円前後、発毛サロンではそれ以上かかることも少なくはありません。

 

1回あたりの施術費は、発毛サロンの方が安いわけですが、発毛サロンは頭皮ケアです。
なので、結果的に効果が得られるまでにかかる費用は高くなるケースが多いのです。

 

プロペシアなどの薬剤による薄毛治療の費用

通常、皮膚科などで薄毛治療やAGA治療を受けた場合は、処方される内服薬と外用薬による治療となり、薬代だけなので最も治療費がかからないような錯覚をしてしまいがちです。

 

ところが、フィナステリド系医薬品(プロペシアなど)は脱毛抑止剤であることから、本質的に薄毛治療とは言い難く、抜け毛に対処する単なる対処療法であるということです。

 

つまり、この高価な医薬品を抜け毛を止める目的で飲み続けないといけないのです。

 

薬を止めると脱毛抑止効果も止まるケースも多く、期待するほどの発毛効果が得られなければ、結果的に「止めると抜け毛が増えるから飲む」といった本末転倒な結果となります。

 

外用薬のミノキシジルも同様に、脱毛抑止効果は高いものの、発毛に関しては育毛剤のCMでイメージするほどの発毛効果が得られるとは限らず、副作用があることも知られています。

 

単純に「薬代=治療費」ということで、3ヶ月とか一定の期間で治療が終了するのであれば、最も治療費が安い薄毛治療ということになりますが、残念ながらそうはなりません。

 

発毛に成功したケースにおいても、薬を止めると抜けてくることが決して少なくないのです。

 

これらの理由から、HARG療法や他の発毛法などの効果を得るまでの間、一時的に薄毛進行を食い止めるといった用途で使用するのが望ましいと言えるでしょう。

 

もちろんその場合でも、医師の指示に従うべきで、通販などで購入しないようにしてください。

 

治療費がかからないセルフケア

薬品に頼らず、食事の見直しや生活習慣の改善と、正しい洗髪や頭皮マッサージなどの頭皮ケアによる、発毛・育毛法をしっかりと実践すれば治療費はかかりません。

 

厳密には、正しく実践するためのマニュアルが必要となるので教材費は必要になります。

 

また、頭皮ケアのための化学薬品などを使用していない育毛剤やスカルプシャンプーなどを購入すればそれらの費用もかかりますが、必ず必要なものではありません。

 

セルフケアで発毛出来る可能性なんてほとんどないと思われがちですが、実は、生活習慣や食習慣は脱毛に深く関係しており、これらを改善すれば発毛するケースが多いのです。

 

さらに、スカルプシャンプーが流行っていることでも分かるように、頭皮ケアが発毛と育毛には重要であり、セルフケアもやり方次第では立派な薄毛治療になるのです。

 

少なくとも、治療という意味においては、薬物療法よりは遥かに言葉通りであると言えます。

 

実際に成功者も多く、しっかりと実践さえ出来れば発毛の可能性も高いことと、何よりも自分自身が体質的に髪の生える状態に戻るわけですから完全に問題が解決するわけです。

 

しかし問題なのは、ほんの些細なことなのですが食事や生活習慣などを変える必要があり、難しいことをするわけではなくても毎日続けていくことが思いのほか難しいことです。

 

こういったことから、治療費をかけずに努力によって体質を取り戻すのがセルフケアで、再生治療によって細胞を活性化し髪の生える毛根に戻すのがHARG療法ということになります。

 

参考までに・・・>>>こちらの発毛・育毛教材がおすすめです。


TOP クリニックのご案内 治療費について セルフケアについて sitemap